高倍率ズームレンズ

高倍率レンズというズームレンズがあります。マイクロフォーサーズのレンズには5件の高倍率レンズがあります。

高倍率レンズに定義はありませんが、超広角~標準、広角~望遠を一本のレンズで実現したものです。中には広角(12㍉)~超望遠(200㍉)まで一本にしたレンズまであります。
マイクリフォーサーズでは、メーカー自身が高倍率だと言っているレンズが5件あります。

「神レンズ」とは名玉に与えられるこの称号ですが、それ以上にあらゆるレンズを引退に追い込んで、接写も、手ブレも、解像度も申し分ない「悪魔のレンズ」言われるようなものまであります。それがこれ⇓

【悪魔のレンズ】オリンパス 12-100mm F4.0はなぜ「悪魔のレンズ」と呼ばれているのかレビューしてみる | たいしょんブログ
悪魔のレンズこと、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROがなぜ悪魔のレンズなのか、考察していきます。

概して、高倍率レンズはこれ一本で済ませることができるので「旅レンズ」という異名が付いてます。でも、開放F値は明るくないので日中、屋外で撮る条件で考えたほうが良さそうです。

Lumix GX-7 MKⅢに付けるために、LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 II ASPH. POWER O.I.S.を購入し使ってきました。日中に景色を撮るのに不自由しません。解像度も良いし、使いやすいレンズです。

また専門家の評価もいいですね。

【カメラ技術解説】マイクロフォーサーズ「高倍率ズームレンズのおすすめ」~広角から望遠まで一本で満足編”~
シリーズ化、第六弾!高倍率ズームレンズのおすすめです!12㎜か14㎜から100㎜~200㎜クラスの万能ズームレンズです。最近は新製品の少ない領域ですが、現行純正レンズではどれを選べば幸せになれるか!参考になればうれしいです。00:00 オープニング00:20 高倍率ズームレンズの紹介01:31 MTF性能04:0...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました