子テーマのfunctions.phpについて

この記事は3年以上前の古い投稿記事です。古いことをご承知してお読み下さい。

いやー本当にお恥ずかしい。

Cordex「子テーマ」を見て下さい。
以前は、子テーマのStyle.cssの冒頭に、@import url(../親テーマ/style.css); の一行を追加しておけば良かったんですが、今ではこれが非推奨になっていました。

子テーマのfunctions.phpに以下の部分を書き加えておくのが推奨となりました。

[php] add_action( ‘wp_enqueue_scripts’, ‘theme_enqueue_styles’ );
function theme_enqueue_styles() {
wp_enqueue_style( ‘parent-style’, get_template_directory_uri() . ‘/style.css’ );
wp_enqueue_style( ‘child-style’,
get_stylesheet_directory_uri() . ‘/style.css’,
array(‘parent-style’)
);
}
[/php]

この wp_enqueue_script() のフック関数の役割は、適切なタイミングでファイルを生成されたページにリンクするようですから、いち早く確実に子テーマのCSSを読み込んでくれるみたいです。ということは表示速が速くなるようです。
ともかくも、推奨の方法を取っておいた方が良いでしょう。

やり方は、Functions.phpの冒頭に、コピーペーストしておけばいいのです。
なお、@import url(../親テーマ/style.css); の部分を消してみたんですが、消してらあきまへん。コメント・アウトして、キャッシュを削除して試してください。チャント上手くいきます。