サイト移転に役立つプラグイン Search-Regex

この記事は3年以上前の古い投稿記事です。古いことをご承知してお読み下さい。

WordPressでは、画像はデータベースのMySQLに保存されます。そこで少々大きめの画像ファイルでも取り込めるように、以下のようにPHPの設定をしておきましょう。

私はロリポップユーザですが【Webツール】→【PHP設定】→【自分のドメイン】→【設定変更】から【upload_max_filesize】という項目を20MBに変更しました。

さて、固定ページや投稿へ貼り付けた、画像リンクはそのサイト特有なものなので、サイト移転するとリンクが違ってしまって、上手くありません。

画像のリンクの中にドメインの文字列が含まれているので、普通に移行した状態だと旧サイトの画像を参照していることになります。

画像が無事表示されているのなら別にリンク張り替える必要ないのでは?

となりそうですが、これはドメインの契約が切れると一斉に画像が表示されなくなりますし、なにより旧サイトの画像を閲覧しているので張り替えるほうが良いです。

プラグイン Search-Regexを入れると、全記事一瞬でリンクを張り替えることができます。
新しいサイトでの画像を引っ張てくるので、これでやっと移転完了となる訳です。

そのプラグインが、Search-Regexです。WPのプラグインとして公開されていますので、新規追加で、探してみてください。まずは新規追加し、有効化すると、「ツール」の中に「Search-Regex」が表示されます。開くと英語版なので、日本語化したい方は下記サイトから日本語化ファイル(search-regex-ja.mo と search-regex-ja.po)の2つを Search-Regex > Locale フォルダに入れてください。これで日本語化されます。

Search-Regex 日本語リソース配布

では、具体的なれいとして、投稿に貼り付けられている画像を、旧サイトのアドレすと、新サイトでのアドレスを比較してみましょう。

旧サイト:http://www.cvt-jp.com/
wp-content/uploads/2016/06/img_54b7f3f651b28-150×150.jpg

新サイト:http://creation-valeur.main.jp/◯✕△/
wp-content/uploads/2016/06/img_54b7f3f651b28-150×150.jpg

オレンジの部分が変わらないと、まるごと移転したことになりません。
だから、このオレンジの部分を置換する必要があるのです。

但し、正規表現で記入しないといけません。正規表現については、サルにもわかる正規表現入門が詳しいので見てください。